menu

検索結果から見る今の沖縄脱毛事情

脱毛チェッカー

このページは当サイトは視点の違う脱毛サイト公開を意識して第一弾特集記事にあえて都市圏ではなく日本最南端の沖縄をテーマに構成しようと思い、では実際にユーザーの皆さんと同じ視線で見たら「どのようなものが視界に入るのか」ということで実際に沖縄の皆さんが脱毛利用を検討する際に検索するであろう用語「脱毛 沖縄」で上位表示されたサイトの構成などを見て今の沖縄の脱毛事情を読み解いてみようという企画で構成してみました。

同ジャンルのホームページの見返し、文字に起こすことで自分自身でも気づくことがあるかもしれませんし、ユーザーの方にも見えてくる視点というのあると思うので参考にしていただければ幸いです。

「沖縄 脱毛」検索1位ホットペッパーの沖縄県脱毛サロン 口コミランキングTOP10

「沖縄 脱毛」検索1位のサイトキャプチャ

大手リクルートが運営するホットペッパーの「沖縄県脱毛サロン 口コミランキングTOP10」というページが1位でした。有名なサイトというのは言わずもがななので納得出来るところですよね。そしてテーマが沖縄のエステサロンのランキングとなるわけですが「脱毛」だけならセルフケアの商品であったり医療のほう、はたまた抜け毛のほうの脱毛なんかも十分対象になりえるわけですが「沖縄」が加わるだけでセルフケアの小売商品だと全国規模のため沖縄色がなく抜け毛は脱毛したい人より需要が少ないのか、もしくは「治療」というワードも付きやすかったりするから上位にならならないのかもしれません。

ではエステ脱毛と競合関係にある医療・クリニックが上位にならないのはなぜでしょうか?効果では医療のほうが上というのは脱毛を知っている人ならほぼ共通認識とされていますし、検索結果は質の高いところを上位表示するとも言われているので医療のほうが上位でもいいのでは?と思うところでもありますが、やはり実際に利用する人の多くがエステサロンのほうで脱毛しているという事実が加味されているということでしょうか。となると検索エンジンてもしかして「長いもの巻かれるタイプ」なのでは?

実際、偉人の名前なんかでも有名なフィクションやアニメ・マンガなどで偉人の名前が使われているとフィクションのほうが目立っていることは珍しくないですよね。実は検索ってオリジナルや良いものを選ぶというより「注目されているものお選ぶ=支持されている=良いもの」という考え方なのかもしれません。検索エンジンは常に進化し続けているのでこれからも変わっていく可能性は十分ありますが。

ホットペッパーのサイトのほうの1位を見てもあくまで口コミの1位です。見たときに1位だったシャインの内容でお試し価格で比較したらワキ脱毛ならシャイン880円に対して今回レビューしたJNYは無料で行ってくれますし、全身脱毛のお試しもシャイン4800円、同じくレビューした六本木小町3300円と価格比較では負けます。

このように「脱毛 沖縄」のような実は範囲の広いキーワードだと必ずしも自分好みの検索結果が出るとも限らないので利用者目線では注意するべきです。必ず訪れたページが自分の目的に合った内容なのか見極めましょう。好みでない検索結果が続いた場合はより細分化した検索ワードで検索しなおしてみることもお勧めします。

2位:全身脱毛コースのあるサロン ~沖縄のエステサロン~

「沖縄 脱毛」検索2位のサイトキャプチャ

2位もホットペッパーのページでこちらは全身脱毛をやっているエステサロンのリストとなっています。最近の脱毛広告はほとんど全身をメインとして表現したものが多いですし、メニューの中ではやはり全身脱毛が多く選ばれるという声も聞こえるのでこれは素直に実情に反映された結果かなと思います。

ページ内の順位では表示順に「リラクゼーションサロンほぐりえ 小禄店」、大手の「脱毛ラボ 那覇店」「TBC イオン北谷SC店」という順番でした。価格的にはそれぞれクーポン内の最安の全身脱毛で
●ほぐりえ:3300円、男性5390円
●脱毛ラボ:無料(※注意あり)
●TBC:なし と、なっています。
………え、TBCないの!?
よく見たつもりなんですが私、見落としてしてないですよね?(TBCのクーポン一覧キャプチャ画像)「全身11部位からお好きな1ヶ所が自由に選べる脱毛プラン」とかは書いてありますけどこれを全身脱毛扱いなんですかね・・・・

そして2番目に表示されていた脱毛ラボの無料って表示だけなら凄いのですが正直クーポンの表示では詳細がよくわからないですよね。(脱毛ラボクーポンのキャプチャ画像)

脱毛ラボの公式ページのキャンペーンページも見てみたのですが期間が18カ月・16ヶ月と微妙に違うのですが但し書きで「全身56ヶ所を14分割していくおためしプラン」とあり、14カ月で全身1回分だそうです。申込自体は17カ月からなので初回に1ヶ月分の2,189円も払う必要ありなので利用する分が全部無料ではなさそうです。期間もホットペッパーでは18ヶ月、公式の目立つ画像では16ヶ月、但し書きでは17ヶ月とバラバラなのも正直気になります。

ぶっちゃけ、テーマの表示として2・3番目のものは期待外れと言って差し支えないんじゃないでしょうか。残念で仕方ないです。脱毛ラボのものは誇大表現と捉えられかねない可能性もあるのでは・・・ホットペッパーには表示の最適化を願いたいものです。

3位:沖縄マリアクリニックの永久脱毛

「沖縄 脱毛」検索3位のサイトキャプチャ

3位で初めて総合サイトではなく単独施設で医療機関の沖縄マリアクリニックが表示されました。よくよく考えたら「沖縄 脱毛」というやや抽象的な検索で競合が激しいジャンルなら単独の施設が1位というのも変と言えば変で3位アタリで効果の高い医療で単独施設ところを表示させるというのは構成的には妥当かもしれませんね。googleさん1位部分のほうで因縁付けてしまってすみません。

沖縄マリアクリニックのページ自体は永久脱毛について解説したものになっています。詳しくというよりも概要と自身のクリニックではトラブルを抱えやすい敏感な肌にも対応できるといったクリニックのアピールも混ぜ込みながらの構成となっています。

とはいえ激しく自分推しみたいな過剰な表現ではなく説明書のように上品にまとまっている点も「沖縄 脱毛」用語はまだ公共性の高いキーワードだから単独施設のところは変に自分のところを強調しないほうが好評価される可能性はあるかもしれませんね。ユーザーの皆様にはあまり関係ないかもしれませんがホームページを作る人間としては新たな可能性の発見として有意義でした。

利用面から見る沖縄マリアクリニックは医療としては全身脱毛がかなり安い印象です。今はエステ寄りの脱毛情報サイトを目指して構成しているので深くは言及しませんが効果の高い脱毛を希望している人はチェックしてもいいところには感じました。

- 総評

以上が、沖縄脱毛検索で上位表示されたサイトをチェックした感想です。参考になりえる情報だったでしょうか?2位のページみたいに表示された構成と内容の適性が高くないサイトも上位になりえるから盲目的に見るのはやはり注意したいことはわかっていただけたかなとは思います。満足度の高い脱毛をするには検索用語にもこだわるといったことも大事かもしれません。今後も参考になりえる情報を発信できればともいますのでよろしくお願いいたします。

今回のコラムで参考にしたサイト一覧

since2021 良い脱毛チェッカー