menu

VIO脱毛のメリット・デメリット

脱毛チェッカー

VIO脱毛は欧米ではエチケットマナーとして浸透している事が日本にも伝わってきて、同様に手入れする割合が増えている印象がする近年ですが老後の介護を見越しての介護脱毛なんてPRも見られるようになり、果たして本当に一般的になりつつあるのかメリットとデメリットの差はどれほどあるのだろうか改めて調べてみました。

VIOはそもそもどこまで脱毛する?

VIOは
Vライン=鼠径部
Iライン=股下
Oライン=肛門周り
を対象とした脱毛です。加えて「下腹部全体の毛も処理するハイジニーナ」という呼称もあります。少なくともVIO脱毛であればV・I・Oのそれぞれのラインは必ずやってくれますがハイジニーナまで含まれるかはそれぞれのエステ・クリニックで対応方針が異なります。すべて含む場合もありますし、追加メニューとして扱われる場合もあります。さらにセットメニューだと腰骨付近まで範囲の広がったVIO脱毛コースが用意されていることがあります。

男性だと睾丸の部位の有無もあり得るかもしれません。

このようにVIO脱毛に限らず、全身脱毛をはじめ同じ呼称でも取り扱い範囲はお店ごとに違うので厳密な範囲が気になる場合、ホームページなどで十分な説明がない場合は事前にカウンセリングの際に確認しましょう。

脱毛したら二度と生えてこない?

脱毛方法で異なります。
ただどこも「あくまで脱毛施術でお金を取っている」ので抜ける保証、生えてこなくなる保証はどこもしていないのが事実です。

もちろん効果ゼロなら早々につぶれるでしょうし競合もシビアそうな世界ですから結果もそれなりには高確率であるものではあるのでしょう。

なお二度ど生えてこない永久脱毛性については医療脱毛のみで行える施術です。エステサロンの脱毛はそのうち生える可能性が高いです。

興味はあっても一生生えてこないのは不安という人ならむしろエステサロンの方がおススメというわけです。

VIO脱毛のメリット

衛生性の向上

よく言われるメリットの一つです。蒸れやすい箇所のためムダ毛がなくなることで軽減され清潔さが向上します。範囲のところで出てきたハイジニーナも衛生を意味するハイジーンを由来とするぐらいです。

とはいえ暑ければどっちにしろ蒸れますし体は定期的に洗いもするので、こういった観点は歯磨きの頻度であったり、バスタオルをどれくらいで替えるといったモノと同じく個々の衛生感に委ねられていいのだろうとは思います。

審美性・魅力の向上

ツルツルのほうが美の観点からも好ましい人は一定数います。また、モジャモジャといった毛量が多い場合は下着からはみ出すといったことが気になるのであれば解消の手立てとして役立ちます。

異性アピールの点では完全に好みですのでアンケートの数値などに振りまわされないほうが良いのではないかと個人的には思います。

介護を要した場合、相手の負担が減る

介護脱毛を標榜したVIO施術も近年活発にアピールされています。付着物の処理が毛がないことで容易に済むため介護者への配慮として有効とされています。

ただ年を重ねることで自然と毛が薄くなる場合も一定数いるため、こういった要素で安易に決めるのはいささか早計ではないかと個人的には思いますが、「処理してもらった後、ティッシュの切れ端がついていて脱毛しておけばよかった」といッた声があるのも事実です。

介護士の方は気にしない声も少なくなく、ムダ毛より体重が軽いほうがむしろ助かるといった声を見かけます。

VIO脱毛のデメリット

おしっこが飛び散りやすい

女性の場合、経験者の人がおしっこが飛び散る傾向にある口コミを見かける傾向が一定数あります。衛生性も向上目的がメインでした場合、飛び散ることが増えてトイレ掃除が増える可能性があった場合どちらに優位性があるのでしょうね。

無くなったこと自体の違和感

ハイジニーナといった広範囲まで脱毛した場合、毛がなくなったこと自体の違和感に遭遇する確率が上がります。「下着のこすれが気になる」「発汗をより感じるようになった」などハイジニーナエリアはそれなりの範囲ですから生物的には何かしらのクッション目的として生えている可能性が高いので、そういった分野で違和感を感じる可能性もありますし、慣れてくるのか、慣れないままなのかといった懸念も出てきます。

永久脱毛は元に戻せない

上記のような不都合を強く感じた場合、エステ脱毛ならそのうち元に戻せますが、永久脱毛の場合では生えてきませんから後悔のない選択が重要となってきます。

恥ずかしい

なんだかんだ、下半身を他人に晒すのは抵抗が強い人は多そうです。剛毛レベルで衛生性を重視するならカットで納得できる場合もあるので自己処理で済むのならという選択も当然あります。

ただ、剃るなどは肌ダメージを大きいという自己処理では別の側面のデメリットもあるので気を付けてください。

下処理がしんどい

多くの脱毛施術は剃った状態で行います。脱毛サービスのホームページにはしれっと「事前に剃ってきてください」とあることが多いですがOラインの自己処理とか慣れるまでかなり難しいんじゃないでしょうか。

有料でスタッフの人にしてもらうもありますが、デリケートな部分だけに場合によっては自己処理のみであったり、スタッフの人だと逆に剃る力加減がわからず怪我をさせてしまうリスクが上がる懸念もあったりします。

処理回数も脇毛なんかよりも増える傾向にあるので長期間枚間準備するのに心が折れてしまうといった懸念もあります。

メリットしか言わないところは避けよう

このように個々の価値観によってはまだまだ「やりたい派」と、「別にいいかな」と思う人は結構別れそうな印象です。

今回の記事作成のきっかけは介護脱毛についてメリットしか焦点を当てていない記事を連続で見たため疑問を感じたため作成してみましたが、改めて自分のニーズを満たしていることを確認したうえで決めるのが大事だなと再認識しました。

将来的にはより浸透したエチケットとしてみなされる場合もありますが、今現在はまだまだ個人の意向優勢で何ら問題ないでしょうからもし検討する場合はカウンセリングでメリットとデメリットを質問してきちっと中立的な見解を言ってくれるかといったことも信頼できる場所の判断要素として使えるかもしれませんので活用してみてはいかがでしょうか。

2021年10月27日公開

since2021 良い脱毛チェッカー